総量規制対象外

MENU

キャッシングの総量規制とは?総量規制対象外とは?

2010年6月に完全施行された改正貸金業法により、キャッシングには総量規制という新たな決まりが導入されました。これは個人に対しての貸付が対象で、原則的に年収の1/3を超える借入は行えなくなりました。

 

これは1件の借入に対してではなく、キャッシングの合計額です。これには貸金業者からの借入だけでなく、クレジットカードのキャッシング枠を利用したキャッシングも含まれます。

 

この総量規制の導入により、貸金業者はそれまでは任意だった指定信用情報機関への加入が義務付けられました。これは信用情報を参照してこの範囲を超えていないかの確認が必要なる為です。

 

また50万円を超える借入、もしくは他社からの借入と合計して100万円を超える借入になる場合、収入を証明できる書類の提出が必要になりました。総量規制の対象になるのは、貸金業法が適用される消費者金融などの貸金業者、及びクレジットカード会社や信販会社からのキャッシングです。

 

クレジットカードを利用したショッピングや各種のショッピングローンの利用額は対象になりません。この総量規制の対象になる業者からの借入でも、その例外となる場合があります。

 

それはおまとめ専用のローンで、借り手が一方的に有利になる借入の為、これに対しては例外規定が設けられています。また返済専用となる目的別のローンにも除外規定があり、車のローンやブライダルローンなどがそれに当たります。

 

尚、銀行には貸金業法ではなく銀行法という別の法律が適用される為、銀行のカードローンや住宅ローンなど、

 

 

銀行からの借入は元々全てこの総量規制対象外です。


その為、銀行からであれば、カードローンによるフリーキャッシングでも年収の1/3を超える借入を行える可能性があります。ですがいくら総量規制が適用されないと言っても、返済の目処が立たないような高額の借入はまず行えません。

 

法律的に貸付を行えるかどうかと、実際に借入が行えるかどうかは別問題です。よって銀行からであっても、キャッシングを行えるのは実質的に借入を行う人が返済することができる範囲までになると考えてください。